東京の一棟収益物件・投資物件|株式会社t2snow >株式会社 t2snowのスタッフブログ記事一覧

株式会社 t2snowのスタッフブログ記事一覧

 HOT ENTRY

不動産投資でシェアハウスへ投資するメリットや注意点とは?の画像


不動産投資でシェアハウスへ投資するメリットや注意点とは?
近年、若者を中心に人気を集めている「シェアハウス」は、不動産投資の対象としても注目を集めています。 不動産投資への挑戦をご検討中の方のなかには、シェアハウスへの投資に興味を持たれている方もいらっしゃるでしょう。 そのような方々に向けて、今回は不動産投資でシェアハウスへ投資するメリットや、その際の注意点について解説します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産投資でシェアハウスに投資するメリットとは? シェアハウスは、ファミリー向けの一戸建てやマンションを入居者で共有し、部屋ごとに家賃が発生するのが特徴です。 そのため、たとえば5LDKの物件を1家族に賃料20万円で貸し出すよりも、シェアハウ...

2021-07-20

不動産投資の選択肢のひとつ!賃貸併用住宅を選ぶメリットとデメリットの画像


不動産投資の選択肢のひとつ!賃貸併用住宅を選ぶメリットとデメリット
不動産投資は「どんな物件を投資対象として考えるか」というのが悩みどころですが、そんな物件選びの選択肢のひとつとしてあげられるのが「賃貸併用住宅」です。 今回は、賃貸併用住宅とは何か、どんなメリットやデメリットがあるのか、それらについて説明します。 弊社へのお問い合わせはこちら不動産投資の選択肢のひとつである賃貸併用住宅とは?そのメリット 不動産投資の選択肢のひとつとしてあげられる賃貸併用住宅とは「ひとつの建物を自宅と賃貸住宅として併用している」という状態の住宅のことを指します。 たとえば「3階建ての戸建てのうち1階部分を賃貸物件にする」「完全分離型の二世帯住宅の片方があいたので賃貸物件に...

2021-07-13

不動産投資としての「コンパクトマンション」を考える!その魅力と将来性について解説の画像


不動産投資としての「コンパクトマンション」を考える!その魅力と将来性について解説
最近注目を集めている「コンパクトマンション」は、そのニーズの高さからますます増加しています。 「居住」と「投資」のどちらにも向いているのが人気の理由ですが、どのようなものなのでしょうか ここでは「コンパクトマンション」について解説します。 弊社へのお問い合わせはこちらコンパクトマンションとは?なぜ不動産投資に向いているの? コンパクトマンションといっても、はっきりとした定義があるわけではなく、専有面積30~50㎡、2LDK程度の広さを持つマンションをいいます。 もともとDINKSや一人暮らし世帯向けに売り出され、ワンルームよりも広く、ファミリータイプのマンションよりコンパクトと考えればい...

2021-07-06

トップへ戻る