東京の一棟収益物件・投資物件|株式会社t2snow > 株式会社 t2snowのスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資を検討している人必見!団体信用生命保険の特徴や種類を紹介

不動産投資を検討している人必見!団体信用生命保険の特徴や種類を紹介

≪ 前へ|不動産投資において発生するデッドクロスとは?どうしたら回避できる?   記事一覧   不動産投資に欠かせない不動産管理の管理委託契約とはどんなもの?|次へ ≫

不動産投資を検討している人必見!団体信用生命保険の特徴や種類を紹介

不動産投資を検討している人必見!団体信用生命保険の特徴や種類を紹介

不動産投資のためにローンを組む際、団体信用生命保険への加入が義務づけられる場合がほとんどです。
団体信用生命保険には生命保険の代わりになる要素があるため、そういった理由から不動産投資を検討する人も多くなっています。
団体信用生命保険とは、一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、団体信用生命保険の概要や特徴、種類などを詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資における団体信用生命保険とは?概要や特徴を紹介

不動産投資ローンに団体信用生命保険が付帯されていることは、不動産投資をおこなう上での大きなメリットといわれています。
なぜなら、契約者が亡くなった場合や病気やケガでローンを払えなくなったとき、保険金でローンの残りを弁済してくれるためです。
ただし、一般的な生命保険とは違う部分もあるので注意してください。
一般的な生命保険では現金で保険金を受け取ることになるため、保険金を何に使うかは基本的に自由です。
入院費や治療費、今後の生活費などに充てる人が多いようです。
しかし、団体信用生命保険の場合はローンの弁済に充てることに限定されているため、現金で受け取ることはできません。
つまり、入院費や生活費などは自分で何とかしなければならないのです。
そのため、もともと加入していた一般的な生命保険を解約して団体信用生命保険だけに加入するのがおすすめできないケースもあるので注意してください。
また、加入する際は金融機関を通す必要があること、支払いはローンの金利に上乗せという形になることなども、一般的な生命保険との違いです。

不動産投資における団体信用生命保険の種類を紹介

団体信用生命保険には、契約者が死亡した場合、または高度障害になった場合に適用される通常の保険以外にも、がん診断時特約付団体信用生命保険と生活習慣病補償付団体信用生命保険があります。
特に、後者はがん・心筋梗塞・脳卒中などの三大疾病だけでなく、糖尿病や高血圧性疾患・慢性腎不全などの八大疾病の場合も適用されるため、非常に安心度の高い保険です。
このような病気になると治療が長引き、高額な治療費が必要になります。
そういった不安から家族を守るためにも、ローンの残債が保障されるのは大きなメリットなのです。
家族に借金が残ることなく、定期的な家賃収入が入ってくるため、契約者としても安心してローンを組むことができます。

まとめ

不動産投資用のローンを組む際は、団体信用生命保険に加入することが必須な場合がほとんどです。
万が一のとき、自分自身や家族の生活を守ってくれる保険であることを理解し、一般的な生命保険との違いについても確認しておきましょう。
東京を中心に日本国内の一棟収益物件・投資物件は株式会社t2snow
これから不動産投資をご検討中の方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資において発生するデッドクロスとは?どうしたら回避できる?   記事一覧   不動産投資に欠かせない不動産管理の管理委託契約とはどんなもの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 t2snow
    • 〒131-0046
    • 東京都墨田区京島1丁目8-8
      ビズサークル曳舟 26号室
    • TEL/03-6657-0582
    • FAX/03-6657-0583
    • 東京都知事 (1) 第105301号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る