東京の一棟収益物件・投資物件|株式会社t2snow > 株式会社 t2snowのスタッフブログ記事一覧 > 日影規制とは?不動産投資をはじめる前に知っておきたい基礎知識

日影規制とは?不動産投資をはじめる前に知っておきたい基礎知識

≪ 前へ|不動産投資を検討している人必見!市街化調整区域とはいったい何?   記事一覧   公的価格を不動産投資家が把握する理由とは?知っておくべきポイントをチェック!|次へ ≫

日影規制とは?不動産投資をはじめる前に知っておきたい基礎知識

日影規制とは?不動産投資をはじめる前に知っておきたい基礎知識

不動産投資を検討されている方であれば、ぜひ知っておいてほしい言葉に「日影規制」というものがあります。
これは、家を建てる際に気を付けるべき、土地に関する法律上の規則のひとつです。
そこで今回は、日影規制とはいったい何なのか、そして家を建てる際の日影規制にかかわる注意点とは何なのかについて、ご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資をするなら知っておきたい日影規制とは

「日影規制」とは建築基準法に定められた規則のひとつで、「ひかげきせい」もしくは「にちえいきせい」と読みます。
「冬至の日」(毎年12月22日頃)の8:00から16:00までを基準とし、測定地点の土地に一定時間続けて影が落ちることのないようにしなければなりません(ちなみに、北海道だけは例外として9:00から15:00までの設定となっています)。
要は、たとえばマンションなどの不動産を建築する際に、その近隣住宅が日影になってしまう時間を制限し、一定の日照時間を確保するための規則というわけです。
この測定結果によって、周囲の住宅にまったく太陽光が当たらないということがないよう、その土地に建てられる建物の高さが決められることになります。
これは、不動産投資のための土地を購入する際にも、ぜひ覚えておいてほしい知識のひとつです。

不動産投資の際に考えられる日影規制の影響と注意点

では不動産投資のための土地を購入する際、もしくは所有している土地に建物を建てる際、どんな点に気を付ければいいのでしょうか。
まず、注意点としては、日影規則の規則内容はエリアによって違いがあるということ。
エリアによって土地の環境や事情が異なるため、その地域の公共団体が建築基準法にのっとって独自の規則を定めています。
そして、それらの規則次第でその土地に建てられる建築物の高さが大きく変わってくるということを理解しておかなくてはなりません。
また、高さだけでなく「用途地域」にも注意が必要です。
たとえば所有している土地、もしくは購入を予定している土地が日影規制のない「商業地域」だったとしても、影の影響が出るであろう隣りの土地が「第一種住居地域」などであった場合は、そちらの規制が適用されることになります。
ただし、周囲の環境によっては特例の規制緩和が適用されるケースもあるので、とにかく専門家などに詳しく話を聞いておくようにしましょう。

まとめ

土地にはさまざまな決まりがあり、建物を建てる際には、その使用用途や建築物の大きさなどに関する多くのルールを守らなければなりません。
また、これから土地を購入するのであれば、用途地域や周囲の環境などを見極めてから決断することが大切ですね。
東京を中心に日本国内の一棟収益物件・投資物件は株式会社t2snow
これから不動産投資をご検討中の方はお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産投資を検討している人必見!市街化調整区域とはいったい何?   記事一覧   公的価格を不動産投資家が把握する理由とは?知っておくべきポイントをチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 t2snow
    • 〒131-0046
    • 東京都墨田区京島1丁目8-8
      ビズサークル曳舟 26号室
    • TEL/03-6657-0582
    • FAX/03-6657-0583
    • 東京都知事 (1) 第105301号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る